【仰天】純和風の家が大変身!和室をかっこよく仕上げるインテリア

【仰天】純和風の家が大変身!和室をかっこよく仕上げるインテリア

長い歴史の中で独自の魅力を生み出した日本建築。

しかし、和風建築は他のインテリアとは相性が良くないのも事実。

「家をかっこよく飾りたいけど、和室だし・・」という人も多いんじゃないでしょうか?

純和風の家でも和の魅力を活かしてかっこよく仕上げるインテリアを紹介します!

 

この投稿をInstagramで見る

 

創家株式会社(@so_ya.co.ltd)がシェアした投稿

インテリアに生かすべき2つの「和」の魅力

和室と洋風インテリア。この相反する2つの要素を組み合わせるには互いの魅力をうまく引き出す必要があります。

インテリアにぜひ生かしたい和室の魅力を2つ、順に見ていきましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

創家株式会社(@so_ya.co.ltd)がシェアした投稿

自然光を生かす
和室の大きな特徴として自然光を十分に活かす構造がとられています。

和室が完成したのは照明といえば蝋燭しかなく、ガラスさえない時代。

照明として自然の光を取り入れるような素材と構造を採用することで、照明がなくても建物が陰気になることを防いだんです。

この特徴は現代建築における日光を多く取り入れる手法に生かされています!

 

この投稿をInstagramで見る

 

(株)カネタケ竹内建築-和の家-(@kanetake1981)がシェアした投稿

自然素材の暖かさ

日本建築の特徴といえばなんと言ってもその素材。

第二次大戦中にアメリカ兵が言ったように、日本建築はほとんど木と紙(または土)で作られます!すごいですよね!

ガラスやコンクリートなど存在しない時代に先人たちの工夫によって作られてきた日本建築。

それは自然素材の温もりを直に感じられる、人に寄り添った建築なんです。

現代の建築で木材や畳が再注目されてきたのも「温もり」が故ですよね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

森本工務店(@morimoto_koumuten)がシェアした投稿

編集者一押し!和室に欲しい3つのインテリア

日本建築におけるキーワードは「自然光」と「天然素材」。

これらをうまく組み合わせることで、独特の温もりを感じるようになっていきました。

では、この独特の魅力を失わずにかっこ良く仕上げるにはどうしたらいいのでしょうか?

編集者お勧めのインテリアを3つ紹介します!

 

この投稿をInstagramで見る

 

(株)建築工房 彩家(@kentikukoubou.saika)がシェアした投稿

北欧デザインソファ

「なぜ北欧?」と思った方もいるでしょう。意外なことに、北欧デザインの家具は和室との相性も抜群!

青や緑など自然色に近い色がメインの北欧家具は、実用性とシャープなデザインを兼ね備えたスタイリッシュな家具。

緑の多い日本家屋によく合い、キリッとしたアクセントをもたらしてくれますよ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

MIYOSHI FURNITURE(三芳家具)(@miyoshikagu)がシェアした投稿

ヴィンテージウッドチェスト

「ウッドチェストなら桐たんすでいいいじゃないか」とも思うかもしれません。

ですが、お部屋をカッコ良く仕上げたいなら「ヴィンテージ」が肝になります。

使い込まれて味が出てきた古家具が、風格さえ漂う古風な日本家屋にも溶け込みます!

明治初期のようなハイカラな部屋を望むあなたにぜひ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

@105302___がシェアした投稿

ソルトランプ

日本家屋の照明といえば「行灯」ですよね。

その要素を取り入れつつモダンにいきたいあなたにお勧めなのがソルトランプ。

柔らかい光は夜間照明にぴったりで、障子を照らしてまるで行灯を使っているような味わいを醸してくれます。

見た目そのものも和室によくあうソルトランプ、一見の価値ありです!

 

この投稿をInstagramで見る

 

天然石のお店【Lumière -ルミエル-】(@quartz_lumiere)がシェアした投稿

まとめ
いかがだったでしょうか?和室だからといってスタイリッシュなインテリアを諦める必要は全くありませんよ!

あなただけのかっこいい「和」を表現してくださいね!