【超入門】初心者が知っておきたい香水の基本

香水を初めて買う人が難しく感じるのは、香水の選び方ではないでしょうか。

香水初心者の人に、超入門の基礎知識や選び方をご紹介します。

 

香水の種類

香水は4つの分類に分かれています。

香り方や持続時間などが違うので、どういう付け方をしたいかで決めるといいかもしれません。

 

パルファム

 

この投稿をInstagramで見る

 

りりか(@ririka_kuwa)がシェアした投稿

パルファムはエタノール濃度が15~30%で、香りの持続時間は5~12時間。

少しの量でも強く香ります。

金額が高めなことが多いです。

 

オーデパルファム

 

この投稿をInstagramで見る

 

コウダ(@__koda373__)がシェアした投稿

オーデパルファムはエタノール濃度が10~15%で、持続時間がパルファムと同じく5~12時間。

少量でも強すぎる香りにはならず、価格もパルファムよりは安いことが多いです。

 

オードトワレ

 

この投稿をInstagramで見る

 

賣嘢代購(@myyea2020)がシェアした投稿


オードトワレはエタノール濃度が5~10%で、香りの持続時間は2~5時間。

日常的に使いやすい香りで、やさしくふんわりとしたものが多いです。

香水初心者はオードトワレを最初に選ぶといいかもしれません。

 

オーデコロン

 

この投稿をInstagramで見る

 

コスメ好き(@millefeuille412)がシェアした投稿


オーデコロンはエタノール濃度が1~5%で、香りの持続時間は1~2時間。

香りは一番軽いので、ちょっとだけ香りを楽しみたいという人に向いています。

金額はほかのものよりは安いことが多いです。

 

選び方:買う前に必ず試しづけをする

 

この投稿をInstagramで見る

 

umer(@umi_ushi0)がシェアした投稿


初めて香水を買う人は、試しづけをするようにしましょう。

同じ香りでもブランドやメーカーによって少しずつ香り方が違うので、一度は嗅いでみることをおすすめします。

香水をつけて自分をどう見せたいかも選ぶポイント。

「かわいらしい女性」を演出したいならふんわりとしたフローラル系、「きりっとした女性」を演出したいならエキゾチックな香りのオリエンタル系などと魅せ方によって選ぶ香りが変わります。

 

また時間が経ってからの香り方も変わるので、試しづけで即決せずに1時間くらい経って香ってみてから最終的に決めるのがいいでしょう。

 

香水の付け方・おすすめの部位

 

この投稿をInstagramで見る

 

𝐴𝑜𝑖(@a.pch___10)がシェアした投稿


香水をつけるときは数プッシュもすると強い香りになってしまうので、初めのうちは1プッシュで様子をみるようにしましょう。

より少ない量で慣れていくのもおすすめで、香水をアトマイザーに移すとプッシュしたときの量が少なく出ますよ。

香水をつける部位に迷ったら、手首にしておくのが間違いありません。片方の手首に1プッシュして両手首で伸ばすようにこするのがおすすめのつけ方。

髪の毛や足首につけるのも人気があります。

また空中に1プッシュしてくぐるようにすると、ふわっと香りますよ。

 

香水をつけるタイミング

 

この投稿をInstagramで見る

 

❣費洛蒙香水店~美甲店💥本店設10隻味)有男用(@goms_100)がシェアした投稿


香水をつけてから10~20分後が、一番安定していい香りになるとされています。

デートの待ち合わせ時間の10分前に香水をつける、などのタイミングがおすすめです。

食事の直前などは相手の気分を害する可能性もあるので、つけないか足首に少しだけつけるようにしましょう。

まとめ

香水の基礎知識や選び方、つけ方についてご紹介しました。

どういう女性に魅せたいかで、好みの香りを見つけてくださいね!