オシャレな器で食事の時間をより楽しく!料理が映える器特集

色、形、素材、と選びだすとキリがない器。

料理がきれいに見えるだけでなく、食事をより美味しく感じられて楽しむことができます。

そこで今回は、料理が映えるオシャレな器をご紹介します。

食事の時間をもっと楽しみたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

和食に合う温かみのある大皿

 

この投稿をInstagramで見る

 

nami(@namikotekote)がシェアした投稿


肉じゃが、煮物などの和食料理には温かみのある大皿が似合います。

煮込んだ大根やお肉の色と器の柄の色を合わせると、統一感がでてよりGOOD!

煮込み料理は取り分けるよりも、大皿にごろっと盛り付けたほうがいつもよりおいしく見せられますよ。

 

ボリューミーに見えるワンプレート器

 

この投稿をInstagramで見る

 

a(@acoro.hk)がシェアした投稿


おにぎり、焼き魚、サラダをワンプレートに盛り付けると、ボリュームのある豪華な朝ごはんになります。

それぞれの料理に合った器に盛り付けるのももちろんいいですが、ワンプレートを選ぶとゴージャス感を演出できますよ。

器に器を重ねるのも、とってもオシャレです。

 

フライパン型などユニークな器

 

この投稿をInstagramで見る

 

さくら 🌸(@sakura_87hana)がシェアした投稿


写真のようにフライパンの形など、ユニークな形の器もとってもオシャレで特別感があります。

買ってきたスイーツを乗せてもよし、スキレットのような使い方をして料理をのせてもよし。

器がユニークだと「今日は失敗しちゃったかなー」ってときも美味しそうにみせられますよ。

 

冷麺のさわやかさを演出できるガラスの器

 

この投稿をInstagramで見る

 

大谷理莉(@lily.inst)がシェアした投稿


ガラスの器は、冷麺や冷や汁など冷たい料理にぴったりです。

つけつゆがある料理では、つゆの器も同じようにガラスでそろえると統一感もでていいですよね。

ガラスの器は涼しくてさわやかな印象になるので、冷たい料理を作るときはぜひガラスの器に盛り付けてみてください。

 

朝食はパン派の人におすすめしたい白の大きめ器

 

この投稿をInstagramで見る

 

MIYAKO(@miyathefoodie831)がシェアした投稿


朝食はパン派という方にぜひおすすめしたいのが、白の大きめ器です。

食パンやスクランブルエッグ、プチトマトなどが映えてしかたない万能器で、1枚の器に数種類の料理を乗せられるのもいいですよね。

丸型の器ならニラ玉やホットケーキのような大きくて丸い料理も乗せられるので、より使える幅が広がります。

 

焼き魚にはやっぱり細長の角皿

 

この投稿をInstagramで見る

 

𝓎𝓊𝓀𝒶(@hana7_nana7)がシェアした投稿


ししゃも、サンマ、鮭など焼き魚を盛り付けるのには、やっぱり細長い角皿がイチバン。

大根おろしや大葉を乗せてもっとオシャレに見せられるし、卵焼きなど細長い料理全般はこの角皿に盛り付けられるのがいいですよね。

少し縦に長いタイプの角皿で、魚のしっぽが少しはみ出すのもお店で出てくるような盛り付けでGOOD!

 

スープやポタージュ系にぴったりのカップ型器

 

この投稿をInstagramで見る

 

YURI(@yur163)がシェアした投稿


コーンスープやオニオンスープ、ポトフのようなスープ系の料理には、カップ型の器がぴったり。

陶器のほうがよりオシャレに見え、木のスプーンをつければインスタ映えも間違いなし。

上にパセリを散らせばカンペキです。

 

パスタにはコレな深皿

 

この投稿をInstagramで見る

 

hana(@phoenix_xiu)がシェアした投稿


パスタをお店で出てくるような盛り付けにするには、深皿を選ぶのがいいですよ。

平皿だと上に盛り付ける必要があり最初のうちは難しいこともあるので、深皿だと多少雑でもそれっぽく見せられてオススメです。

 

まとめ

いろいろなタイプの器をご紹介しました。普段作る料理の系統に合わせて、器を選んでみてくださいね!