ラグのある暮らし

一枚さらりと敷くだけで、おしゃれな雰囲気にしてくれる「ラグ」。

ベッドの下だけに敷いたり、デスクの足下だけに敷いたり、カーペットとは違った使い方ができるのも特徴です。

今回は、そんなラグのある暮らしについてご紹介!

うまく活用して、自分だけのおしゃれ空間を作ってみてくださいね。

ラグを使った暮らしを紹介♡

 

この投稿をInstagramで見る

 

CHIHO(@smile_house_isroye)がシェアした投稿

お部屋だけでなく、玄関やお風呂でも使うことのできるラグは、暮らしの中で重宝するアイテム。

今回はラグをうまく使った暮らしを4つご紹介します。

ぜひ参考にして、生活の中に取り入れてみてくださいね。

それではさっそく見ていきましょう!

ラグを使った暮らし①リビングルームの中心に敷く

 

この投稿をInstagramで見る

 

@aiai81025がシェアした投稿

フローリングだけだと冷たい印象になりがちですが、真ん中にラグがあることであたたかみのあるお部屋に。

サッとどかせば掃除もしやすいのが嬉しいですね。

他のインテリアと色味や雰囲気を合わせれば、統一感のあるお部屋に仕上がります♡

ラグを使った暮らし②バスマットとして使う

 

この投稿をInstagramで見る

 

マット専門店 織人しきもの屋工房(@orizin_shikimonoya_kobo)がシェアした投稿

小さめのサイズのラグは、バスマットとして使うのにも適しています

洗面台の前やお風呂場の入り口に敷けば、実用性も抜群。寒い時期にも活躍してくれそうです。

こちらも床や壁のトーンに合わせて選んで、統一感を出すのがポイント。

人目につきにくい場所にもこだわりましょう♪

ラグを使った暮らし③キッチンマットとして使う

 

この投稿をInstagramで見る

 

mori_chi(@morichi109)がシェアした投稿

ラグはキッチンマットとして使うのもOK

スリッパや靴下を履かなくてもキッチンに立つことができ、忙しい朝にも重宝しそうです。

またフローリングのままだと油や水分がついて滑りやすくなることもあるので、ぜひラグを敷いて安全に過ごしましょう♪

ラグを使った暮らし④お部屋の好きなところに敷く

 

この投稿をInstagramで見る

 

akina 158㎝(@cft_akina)がシェアした投稿

デザイン性の高いラグは、お部屋の好きなところに敷くのがおすすめ

特に小さいサイズのものだと場所を選ばずに敷くことができますよ。

好みにもよりますが、テーブルの下やベッドの前などお部屋のバランスを考えて場所を選ぶのが◎

またインパクトのあるデザインだと、雰囲気にメリハリをつけることもできます。

ラグは実用性だけでなく見た目にもこだわりましょう♪

まとめ

ラグのある暮らしについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

あるのと無いのではお部屋の雰囲気も一変します。

質感や種類も多いので、自分の好みや目的に合わせて選んでみてください。

ラグのある暮らしで、より快適に過ごしましょう♡