実家暮らしの人必見!憧れのマイルームレイアウト

働き方や子育ての変化で生活が大きく変化している今日この頃。

実家が仕事場所などに近い場合「実家暮らし」も社会人になった後の選択肢にありますよね。

両親や兄弟と暮らすことになるため昔と変わらず安定して暮らせる反面。

実家暮らしならではの悩みや苦労も・・・この記事では、実家暮らしを考えるあなたのために、

・実家暮らしとワンルーム一人暮らし生活、何が違う?

・実家暮らしインテリアには何が必要?

という二点を解説します!この記事であなたも「実家暮らしマスター」に!

 

この投稿をInstagramで見る

 

𝚜𝚞𝚖𝚒𝚕𝚎.𖡼.𖤣𖥧(@sumire.ak)がシェアした投稿

何が違う?ワンルームとの5つの違い

実家暮らしという言葉から連想するのは、プライベート空間である自室と家族との共有スペースからなる暮らし。

反面、個人的なことが全て自室で完結するという点では、ワンルームでの一人暮らしとさほど変わりませんよね。

では、具体的に実家暮らし特有のポイントは何なのか、詳しくみていきましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

matomeroom(@matomeroom)がシェアした投稿

同居人がいる

やはりもっと大きな点は家族という同居人がいるということ。

同居人がいる以上、最低限の気遣いは必須。

いくらあなたの自室がプライベート空間だとはいえ、家族の迷惑にならない程度のコーディネートに抑えましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

YUKI(@yuki.schole_life)がシェアした投稿

あなたの好みに集中できる

同居人にきちんと配慮した上でなら、あなたの好みに集中できることが実家暮らしでの強み。

一人暮らしではあなたが生活の全てを仕切らなければいけませんから、どうしても実用性に傾きがち。

一方、生活の上での役割が分散している実家暮らしでなら、あなたの好みを前面に押し出せますよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Maison -メゾン-(@maison__official__)がシェアした投稿

出費を抑えられる

家庭によってまちまちですが、食費光熱費などの生活費をあなたが全部負担しなくて良いのも実家暮らしの魅力。

一人暮らしと比べて月々の出費を抑えられるため、余ったお金をあなたが使いたいものにかけられます。

親御さんへの感謝は忘れないでくださいね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mirukoのごはん記録(@i_am_what_i_eat_miruko)がシェアした投稿

一人で楽しむこと前提

一人暮らしとは違い、友達と夜遅くまで騒ぐことはなかなかできませんよね。家族以外の他人を部屋に招くことがあまりない以上、一人で部屋のレイアウトを楽しむことになります。他人の目を考えることなく、常識の範囲であなたの趣味を満喫してください!

 

この投稿をInstagramで見る

 

na(@__lalahome__)がシェアした投稿

人間関係には注意して

いくら実家で一人で楽しめるとは言っても、人間関係、特に家族との関係には気を使ってくださいね。

生活空間を共にする以上、関係が劣悪になってしまったときの過ごし辛さと言ったらありません。

また、家族以外の人間との関わりが少ないと引きこもり等の原因になってしまいます。

実家暮らしとはいえど人間関係は大切にしてくださいね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

さあ(@sapy_room)がシェアした投稿

編集者おすすめ!実家暮らしに欲しい4つのインテリア!

実家暮らしと一人暮らしの大まかな違いが分かったところで、実家暮らしにぜひとも欲しい編集者お勧めの4つのインテリアを紹介していきます!

これらのインテリアであなたの実家暮らしが大いに彩られますよ!

では、順にみていきましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Maison -メゾン-(@maison__official__)がシェアした投稿

アンティークチェスト

一部屋で完結させる実家暮らしデザインには、存在感を放つ大物家具が欠かせません!

それ一つで部屋の雰囲気を決定づけ、さらに収納スペースも確保してくれるアンティークチェストは超お勧め!

家具の素材を生かしたシックな部屋にしたいあなたはぜひ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

꧁ ℕ𝕠𝕣𝕥𝕙 𝟞 𝔸𝕟𝕥𝕚𝕢𝕦𝕖𝕤 ꧂(@north6antiques)がシェアした投稿

ロフト

一人暮らしと比べて大きく違うのが、圧倒的な収納の少なさ。

一部屋で全てを完結させないといけないというのはなかなかに辛いもの。

ですから、床面積を増やすことで収納を増やしましょう!

見た目的にもおしゃれなロフトはぜひともお勧めですよ!机や収納の上で寝るロフトベッドも一軒の価値あり!

 

この投稿をInstagramで見る

 

IKEA JAPAN(@ikeajapan)がシェアした投稿

コンパクト収納ベッド

実家暮らしをする上で最も部屋の面積を必要とするのがベッド。

ベッドスペースをベッドだけに使ってしまっては、もったいないですよね。

そこで編集者がお勧めするのは収納付きベッド。高さはさほどありませんが、ベッドの面積がそのまま丸々収納可能な面積になると考えたらすごいですよね!?

機能性を求めるあなたや物を増やしたくないあなたに!

 

この投稿をInstagramで見る

 

make my room|by Little Rooms(@make_my_room.me)がシェアした投稿 – 2020年 5月月29日午後8時38分PDT

リネンカーテン

「なぜカーテン?」と思う人もいるかもしれませんが、カーテンって、お部屋の雰囲気を決める上で意外と重要なパーツなんですよ。

麻がもつ独特のしゃりしゃりとした清涼感や光沢など風合い豊かなリネンがあなたのお部屋を彩ってくれます!

カーテンだけでなく、ベッドや布団のカバーなどにも、暑い夜が続く夏場は特にお勧めですよ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

@_vegeek_がシェアした投稿 – 2020年 6月月26日午後4時10分PDT

まとめ

いかがだったでしょうか?実家住まいもワンルームでの一人暮らしも、一つのへやに住むという点では大した違いはありません。

ですが、同居人がいたり、生活空間の使い方など細かな違いがあるのは確か。

一人暮らしとの違いを理解しつつ、一人暮らしではなかなかできないコーデを楽しめる実家暮らしを存分に満喫してくださいね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

y 🌷 𓇢(@y_room_tulip)がシェアした投稿