畳のススメと畳を生かすインテリア

畳のススメと畳を生かすインテリア

日本人にとって馴染み深い床材である畳。

田舎で生まれ育ったという方は特に畳に対する愛着は強いのではないでしょうか?

近年のインテリアの多様化によって畳のない家に住む人も増えてきました。

しかし実は、畳はインテリアをより引き立ててくれる存在!和モダンに憧れるあなたはぜひお試しあれ!

実はすごい!畳のススメ

畳を活かすといっても、どうやって畳を活かしたらいいかなかなか見当がつきませんよね。

畳と合わせて欲しいインテリアの前に、畳がどうしておすすめなのかを理解していきましょう!

 

この投稿をInstagramで見る

 

日興ホーム(@nikkohome)がシェアした投稿

夏は涼しく冬暖かい

ご存知の通り、畳は「井草」と呼ばれる天然の草から作られた日本古来の床材。

夏は余分な湿気を畳が吸い取り、冬は吸い込んだ湿気を徐々に吐き出していくことで、部屋の中を常に過ごしやすい状態に保ってくれるんです。

冷暖房がない時代から重宝されてきた所以ですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@358photoがシェアした投稿

体への負担が少ない
近年一般的になってきたフローリングなどの床材と比べて柔らかいのが畳の大きな特徴の一つ。

そのため、畳の上で活動するあなたの衝撃を適度に吸収してくれるんです。

柔道や空手でも使われていることから、いかに畳が体に優しいかが分かりますよね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

🐸 satoru /japan🇯🇵 Kyoto Osaka(@oyabun1gou)がシェアした投稿

あなたの心を安らげる

畳は紛れもない天然素材。清々しい井草の香りがあなたの心をやすらげてくれます。

香りだけでなく、優しい緑色を眺めているだけでなんだか落ち着いてきますよね。

また、いくさの香りにはリラックス効果だけでなく鎮痛作用があるということもわかっています。

科学的にも効果があると実証されているんです!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ぺの人(@pe_pee_pho)がシェアした投稿

編集者イチ押し!畳を100%生かすインテリア

日本古来の床材・畳。何世紀も受け継がれてきた畳には先人の知恵がたっぷり込められていますよね。

そんな畳の凄さを見ていただいたところで、畳を上手に活用するインテリアを紹介していきます!

家具からラフデザインまで紹介していくので、是非参考にしてくださいね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

石友ホーム公式(@ishitomohome)がシェアした投稿

ヴィンテージ家具

「畳にヴィンテージ?」と思う方もいるかもしれませんが、相性は抜群!

使い込まれて雰囲気抜群のヴィンテージ家具は柔らかな雰囲気を醸し出す畳と相まってお部屋をおしゃれにしてくれます!

畳に合わせた自然色がお勧め!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ayaka Toguchi(@ayakatoguchi)がシェアした投稿

アロマランプ
近世日本で畳と併せて使われた照明「行灯」。

古くから使われるだけあり、畳に障子の日本家屋との相性は言うまでもないですよね!

行灯の代わりにアロマランプを使うことで、行灯にはない安定した照明とリラックス効果をも得られますよ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ayumi T(@andare_walking)がシェアした投稿

物が少ないリビングデザイン

床材である畳をフル活用する以上、床が見えないくらいに物を敷き詰め得ては本末転倒ですよね。

畳を活かすためには、畳がしっかり見えるくらいに物の数を抑えることが重要です。

物が少ないリビングをデザインするために、実用的な家具を優先して選ぶとすっきりとしたリビングに仕上がりますよ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

あめりか屋(@amerikayaarchitecture)がシェアした投稿

まとめ
いかがだったでしょうか?和のシンボルとして捉えられがちな畳ですが、モダンなインテリアとも相性抜群!

ぜひこの記事を参考にして、あなたも試してみてくださいね!