読んで楽しい!飾って可愛い!お洒落すぎる海外の仕掛け絵本

『絵本=子ども』という認識とは今日でお別れ。

今、大人が読みたい絵本が注目を浴びているんです。

幼い頃大好きだったあの物語をもう一度!

今日は大人だからこそ楽しめて、しかもお洒落なインテリアにもできちゃう海外の仕掛け絵本の魅力をたっぷりご紹介します。

大人のための仕掛け絵本

仕掛け絵本と聞くとイメージするのはまだ文字も読めない小さい子ども。

本屋さんで夢中になって読み込んでいるのを目にすることも多いですよね。

つまみを引っ張ったり、開いたり、閉じたり。

動きのある仕掛け絵本はまるで手のひらの中でアニメーションをみているようなワクワクと躍動感があり、子ども心にとても楽しかった記憶があります。

文字が読めるようになるといつしか手に取る本も変化していき、大人になる頃には絵本を読む機会はめっきり無くなっていますよね。

そんな絵本離れしてしまった大人の皆さんにお教えしたいもの、それが仕掛け絵本なんです。

「え?子ども向けの絵本の中でも仕掛け絵本ってちょっと幼稚すぎない?」

なんて思われた方にこそ、ぜひ手に取っていただきたい。

実は近年、子ども向けの簡易的な仕掛け絵本とは別に大人向けに作られた仕掛け絵本がじわじわと人気を集めているんです。

本のボリュームや文章量はもちろん、目玉の仕掛け自体もとても手の込んだ作りになっていて、大人だからこそ楽しめる要素が満載。

中でも海外で発売されている英語版の仕掛け絵本はそのお洒落な作りからお部屋のインテリアにもぴったり!

こっそり英語の勉強にもなったりして、、、。

今回は中でも私たちにも馴染み深い名作を題材にした仕掛け絵本をお見せします!

 

 

【オズの魔法使い】

まずは名作オズの魔法使いです。

ライマン・フランク・ボーム著の同作は絵本、漫画、アニメーション、映画、舞台、など数多くの媒体で派生作品が製作されている名作中の名作です。

主人公ドロシーの冒険物語にハラハラドキドキしながら夢中になった方も多いのではないでしょうか。

作中に出てくる彼女の赤く輝く靴やエメラルドで覆われた都など、印象深いワンシーンも多いですよね!

View this post on Instagram

Quando un libro è bello, bello, bello in modo assurdo (cit) non possiamo fare altro che amarlo e riparlarvene. P.s: Nello storie vi facciamo vedere meglio la sua magia. • • • Robert Sabuda artista e creatore di tutta la grafica  delle animazioni Pop Up di questo libro, ci ha stregate. Proprio come il Mago di OZ, uno dei nostri libri per “l’infanzia” che più amiamo. Il racconto di L. F. Baum è talmente famoso da avere ormai decine di riferimenti in film, libri e canzoni. L’ultimo che ci è capitato tra le mani è proprio “MiddleGame” (trovate la recensione sulla pagina) dove Baum ed il suo magico mondo vengono continuamente citati. • • • I libri Pop Up ci hanno sempre stregate: dietro ad essi c’è un lavoro incredibile fatto di carta e fantasia. Robert Sabuda crea dei libri da collezione, libri da WOW assicurato. Per finire ultima gioia: LINK IN BIO per acquistarlo ad un prezzo super scontato, non abbiamo resistito e lo abbiamo regalato anche ad un paio di amiche. • • • Qual è la vostra favola preferita? . #thewonderfulwinterofoz #wizard #oz #baum #robertsabuda #popuobook #popup #booklove #booknerd #bookaddict #goodreads #bookstagram #consiglidilettura #libridaleggere #libribelli #libriconsigliati #mustread

A post shared by Letture in Salotto (@letture_in_salotto) on

仕掛け絵本ではこの色鮮やかな世界がそのまま飛び出してきます。

カラフルで、とにかく仕掛けの1つ1つが繊細なんです。

ついつい文字を目で追うのをやめて絵本の端から端まで見入ってしまうような手の込んだ作りはまさに大人向け!

表紙もとても可愛らしく、本棚に飾っておけば素敵なワンポイントになりそうですね!

View this post on Instagram

Oggi Lettori vi facciamo vedere un libro Pop-up davvero “Wonderful”. La magia di un racconto intramontabile e che abbiamo sempre amato, si unisce alle strabilianti creazioni pop-up strabilianti di Robert Sabuda. (nelle storie vi facciamo vedere gli interni) • • • Tutti quanti conosciamo la storia, uscita nel 1900, della curiosa Dorothy, che insieme al suo cagnolino Totò, finisce nel mondo di a causa di un tornado. Però forse non tutti sanno che il romanzo è preceduto da una prefazione dove Baum chiarisce di aver tentato di riformare la struttura della fiaba ma, non volendo assegnarle alcuna morale. • • • Questo libro pop-up è pura magia cari lettori. Il testo della storia (in lingua inglese) è semplificato, perché a farla da padrone sono le animazioni pop-up che vi faranno esclamare WOW ogni volta che girerete pagina. Robert James Sabuda è un artista e ingegnere di libri pop-up per bambini. I suoi libri recenti, come The Wonderful Wizard of Oz e Alice in Wonderland, sono stati acclamati dalla critica e sono finiti direttamente al primo posto nell’olimpo dei libri pop-up. • • • Vi abbiamo stregato? Se anche voi lo volete nella vostra libreria cliccate nel LINK IN BIO (ps. Proprio in questi giorni lo si piò trovare a prezzo super scontato) . #thewonderfulwinterofoz #magodioz #robertsabuda #popup #popuobook #booknerd #bookaddict #goodreads #bookstagram #consiglidilettura #libridaleggere #libribelli #libriconsigliati #mustread

A post shared by Letture in Salotto (@letture_in_salotto) on

 

 

【不思議の国のアリス】

続いてはこちらの作品。ディズニーの長編アニメーションにもなったイギリスの児童文学です。

少女アリスが不思議の国に迷い込み、そこで出会う様々なヘンテコな生き物たちとの交流を描いたこの物語は大人から子供まで幅広く愛されています。

この仕掛け絵本の魅力は何と言っても、ページをめくった途端溢れるようにして飛び出してくるトランプの数々!

映画のワンシーンを彷彿させるようなダイナミックな仕上がりは絵本の領域を完全に超えています。

大人でも思わず「わあ!」と声をあげてしまう迫力。

文章が書かれている小窓部分にも小さな仕掛けがしてあったり、丸ごと1ページ楽しめる贅沢な作りです。

 

 

【アナと雪の女王】

淡い水色と雪の結晶のシンプルな表紙が印象的なこの仕掛け絵本はアナと雪の女王(原題:FROZEN)。

映画のイラストよりもさらに繊細なタッチで描かれた絵本になっていて、とてもお洒落です!

エルサの魔法で作り上げた氷のお城は映画のスケールそのまま!

光沢のあるシルバーやゴールドの厚紙がふんだんに使われていてとてもゴージャスな作りになっています。

ちなみに、前述した2つの絵本が日本語版と英語版の両方で出版されているのに対し、こちらのアナ雪の仕掛け絵本は現在まだ英語版のみの発売なのでかなりレア度の高い絵本です。

日本での取り扱い書店はごく僅かなので、購入される場合はネットで海外から輸入するという形がメイン。

少し手間はかかりますがアナ雪ファンなら是非持っておきたいところです。

映画を知っていれば物語の流れも難なく読み進められるので、英語のお勉強にも良いですし、お部屋に飾って冬のインテリアとして楽しむのも良さそうですね!

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回は読んで楽しい、飾って可愛い、海外の仕掛け絵本をご紹介しました。

大人向けの仕掛け絵本の最大の特徴は、とにかく懐かしい物語を壮大なスケールと緻密で繊細な装飾を使って魅せてくれるところ。

絵本を卒業してしまった全ての大人に読んでもらいたい、素敵な魅力がたくさん詰まっています。

昔読んだ懐かしいストーリーや、大好きだった童話を是非思い返してみてください。

資料や文庫本で埋まった本棚に一冊置いてみると、お部屋も心も温かくなる素敵なワンポイントになりますよ。